PR
画面●ブログに掲載されたWidnows 7向けWindows XP互換環境「Windows XP Mode」の画面
画面●ブログに掲載されたWidnows 7向けWindows XP互換環境「Windows XP Mode」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米MicrosoftはWindows 7におけるWindows XP互換機能を強化することを明らかにした。米国時間4月24日に公開した同社公式ブログの記事によると,同社のクライアント仮想化ソフト「Virtual PC」に「Windows XP Mode」を追加する。これにより,Windows 7のデスクトップ画面に,Windows XP仮想環境で動作するアプリケーション・ウインドウを合成して表示できるという。

 Windows XP Modeは,Virtual PCの起動メニューの一部として用意する(画面)。Windows 7のスタート・メニューから,アプリケーション・ウインドウ単位で仮想環境内のWindows XPアプリケーションを起動できるようになる。クライアント仮想化ソフトの機能としては,米VMwareの「VMware Workstation」の「ユニティ」機能などが相当する。

 同社の公式ブログによると,Windows XP Modeは小規模企業に対してWindows XPからWindows 7への移行を支援する機能と位置づけている。Windows 7 Professional(Vista Businessに相当)と同Ultimate向けのベータ版の提供を間もなく始めるとしている。

公式ブログの投稿記事