PR

 コンドーム製造・販売の相模ゴム工業は、ブランド認知度の向上を目的とするキャンペーンサイト「LOVE DISTANCE~僕らは、10億ミリ離れていた。~」で、世界三大広告賞の1つ「One Show」の「One Show Interactive/Microsites-Campaigns部門」で銅賞を獲得した。

 同社は2008年12月1日に日本語/英語対応サイトをオープンし、世界キャンペーンを開始した。同サイト内に男性限定の「ある男」と女性限定の「ある女」というコーナーを設け、実在の遠距離恋愛中カップルがそれぞれ東京と福岡から移動してクリスマスイブに再開するまでの様子を約1カ月にわたって掲載。2人のメールや生中継映像を公開するなどして、次第に縮まる距離をサイト閲覧者もリアルタイムに体験できるようにした。映像はテレビCM用に編集し12月31日に放映し、サイトでも公開している。

 このサイトは2008年12月に36万ページビュー(PV)を獲得したという。キャンペーンが約60件のメディア報道と3000件以上のSNS「mixi」コメント書き込みを誘引したとしている。また、同月の売上高は前年同月比24%増だった。

 同社は、このサイトでアジア太平洋広告祭(AD FEST)の「サイバー部門」グランプリ、「フィルム部門」銀賞、東京インタラクティブ・アド・アワード(TIAA)の「ウェブサイト部門キャンペーンサイト」銅賞、「インテグレーティッドキャンペーン部門クロスメディア」銀賞も獲得した。

■関連情報
・相模ゴム工業のWebサイト http://www.sagami-gomu.co.jp/