PR

 ベンチャー企業のワイアードは2009年5月19日、飲食店などで働くアルバイトやパートの勤務時間を管理するSaaS型サービス「シフター」を強化した。管理可能人数をこれまでの4倍の200人に増やした。従来の個人店舗に加えて、コールセンターやチェーン店などへの営業を強化する。年内に1500アカウントの獲得を目指す。

 シフターはパソコン操作が苦手な中高年者などでも直感的な操作で利用できる。これまでAjax技術を使って紙とペンでシフト管理するような操作感を実現していたが、今回これをFlashの技術に変更した。比較的処理速度の速いFlashを使ったことで、一画面上でより多くの人員を勤怠管理できるようになった。

 アルバイトなどへのメール送信機能も新たに追加した。一斉同報などによる情報周知や個別メールでのスケジュール変更などを可能にした。

 利用料金は年4万9800円から。別途、初期費用が1万5000円かかる。

■変更履歴
社名をワイヤードとしていましたが、ワイアードです。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2009/5/19 18:25]