PR
写真 NHKが提案する「CurioView」の実現イメージ
写真 NHKが提案する「CurioView」の実現イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 NHKは2009年5月19日,放送技術研究所の研究成果を披露する技術展示会である「技研公開」のプレスプレビューで,検索技術を使うことで視聴中の映像に関連した番組を自動的に検索・提示する技術の研究成果を披露した。NHKは,この技術を使って視聴中の番組や情報を推薦する視聴スタイル「CurioView」を提案している。

 CurioViewでは,視聴中の放送番組のメタデータとほかの番組のメタデータを比較照合して,視聴中の番組と関連する番組を画面に表示する。視聴者は特別な操作をしなくても視聴中の番組に関連する番組を発見できる。NHKは今年度の技研公開(一般公開は2009年5月21~24日)で,CurioViewの実現イメージを展示する(写真)。NHKは,「視聴者の関心に合った番組を自動的に見つけ出すことができれば,アーカイブスなどの映像資産がより身近なものとなる。視聴者の関心領域が拡大して,新しい発見や感動のきっかけになる」としている。

 NHKはこの研究をパナソニックと共同で進めている。2社は今後,多くの映像資源から視聴者のニーズに合ったコンテンツを適切に検索して推薦するシステムの実現を目指す。