PR

 近距離無線通信技術の普及促進を目指す米国の非営利団体「NFC Forum」は2009年5月19日(現地時間),将来的な標準仕様への採用を目的とした二つの候補仕様を発表した。「NFC Digital Protocol仕様」と「NFC Logical Link Control Protocol仕様」(LLCP)である。これらの候補仕様の詳細は,NFC ForumのWebサイトから無料で入手できる。

 NFC Digital Protocol仕様は,NFC対応機器のデジタル通信プロトコルに関するもので,標準規格のISO/IEC 18092とISO/IEC 14443の処理も可能である。ISO/IEC 14443とJIS X6319-4といった異なる標準仕様を統合運用でき,異なる仕様のNFC機器間や既存の非接触インフラとNFC機器間で幅広い相互接続を実現できるという。また,共通の機能セットを定義することで,NFCの主な用途である金融向けサービスや交通機関向けサービスの仕様変更を行わずに利用できるという。

 LLCPは2台のNFC互換機器間のピア・ツー・ピア通信をサポートするOSI レイヤー2プロトコルを定義したもので,相互通信を行うNFCのアプリケーションに必須の仕様となる。IEEE 802.2を基本にしたコンパクトなプロトコルで,小さなアプリケーション,例えばちょっとしたファイルを転送する用途など向けにデザインされている。

 NFCフォーラム議長の田川晃一氏は「より多くのNFC機器を市場に展開するに当たって,ISO/IEC 14443やFelicaのように初期に導入したNFC機器や既に運用中の非接触インフラと円滑な相互運用を確保することは必要不可欠だ」とコメントし,今回発表した二つの仕様の重要性を強調した。

[発表資料へ]

■変更履歴 記事公開当初,「ISO/IEC 1443」としていましたが,正しくは「ISO/IEC 14443」の間違いでした。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2009/5/21 21:00]