PR

 米Facebookは米国時間2009年5月22日,登録商標を巡る米Think Computerとの係争が和解に至ったと発表した。Think ComputerはFacebookに対する訴訟をすべて取り下げる。

 Facebookはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「Facebook」の商標を2006年1月と2006年7月に米国特許商標庁に登録。Think Computerは2008年4月と2009年3月に,登録の無効を求め訴訟を起こしていた。

 Facebookによると,Think Computerの設立者兼CEOであるAaron Greenspan氏は,米ハーバード大学出身のプログラマ。同じくハーバード大学卒であるFacebookのMark Zuckerberg CEOとは2002~2004年の間,在学期間が重なっている。Greenspan氏は在学中にThink Computerを立ち上げ,2003年8月に学生向けポータル・サイト「houseSYSTEM」をリリースした。同年9月には「The Universal Face Book」と呼ばれる機能をhouseSYSTEMに実装している。

 houseSYSTEMは,科目スケジューラ,電子メール・サービス,掲示板,フォトアルバムなどの各種機能を備えていたが,プロフィール機能については,ハーバード大学のセキュリティ管理上の問題から,当初提供しなかった。プロフィール機能を追加したのは,2004年2月にZuckerberg氏がFacebookを立ち上げた後だった。

 FacebookのZuckerberg CEOは今回の和解について,「いつもGreenspan氏の起業家精神とものづくりに対する熱意に感心していた。学生時代にはhouseSYSTEMのメンバーだったほどだ。今回,友好的な解決に至ったことに満足している」と述べた。

[発表資料へ]