PR
写真1●固定ドームカメラのP3343モデル
写真1●固定ドームカメラのP3343モデル
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ビデオエンコーダのQ7404
写真2●ビデオエンコーダのQ7404
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●固定ドームネットワークカメラのM3014
写真3●固定ドームネットワークカメラのM3014
[画像のクリックで拡大表示]

 アクシスコミュニケーションズは2009年5月27日、ネットワークカメラ製品群の新製品を発表した。動画圧縮方式にH.264を使うネットワークビデオ製品向けASIC(特定用途向けIC)チップを開発し、新製品に搭載した。これにより画像を記録するストレージの容量をMotion JPEGを使う従来製品の2割程度に削減できる。

 固定ドームカメラやビデオエンコーダなど8機種の最新版を発表した。固定ドームカメラの新シリーズP33は、標準機種のP3343と上位機種のP3344で構成。新シリーズは動画圧縮方式にH.264とMotion JPEGを採用した。遠隔でのピント調整やズームも可能だ。新シリーズの各モデルには「標準モデル」、「屋内耐衝撃モデル」、「屋外耐衝撃モデル」の計6種類がある。

 ビデオエンコーダの最新版Q7404は4チャンネル入力が可能だ。4つのチャンネルそれぞれに、H.264とMotion JPEGを採用した。固定ドームネットワークカメラの最新版M3014もH.264とMotion JPEGを採用。新版からカメラユニットの解像度が1メガピクセル、HDTV 720p(720pは映像の表示方式)となっている。

 日本での販売価格は未定。6月中旬に決定するという。出荷開始は8月下旬を予定する。アクシスコミュニケーションズはネットワークカメラ製品群やネットワークプリントサーバーを製造するスウェーデンのAxis Communicationsの日本法人。