PR
図●リモコンでの利用を意識したシンプルな操作性が特徴の「YouTube XL」
図●リモコンでの利用を意識したシンプルな操作性が特徴の「YouTube XL」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Google傘下の動画共有サービス「YouTube」は2009年6月2日(現地時間),大画面向けに操作画面を最適化した「YouTube XL」(http://www.youtube.com/xl/)の提供を開始したと発表した。

 大きな文字とシンプルな操作性が特徴で,利用者は数クリックで動画コンテンツを選択して視聴できるという。さらに一度再生ボタンを押すだけで,同一トピック内の動画クリップを続けて再生する「連続再生機能」も搭載している。Bluetooth対応リモコンや,Android搭載スマートフォン向けに提供している「Gmote」の仕組みを使って,遠隔操作も可能である。

 Googleはこれまでにソニーのプレイステーション3や任天堂のWiiといったゲーム機,さらに携帯電話機向けに最適化した操作画面を提供している。今回開始した「YouTube XL」もこうした対応の一環で,「様々な大画面機器でYouTubeを楽しむためのもの」だという。

[発表資料へ]