PR
写真1●Opera Uniteのチャット・アプリケーション「The Lounge」
写真1●Opera Uniteのチャット・アプリケーション「The Lounge」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●招待された友人が「The Lounge」にアクセスする画面<br>自由なニックネームと招待者から知らされたパスワードで参加する。
写真2●招待された友人が「The Lounge」にアクセスする画面<br>自由なニックネームと招待者から知らされたパスワードで参加する。
[画像のクリックで拡大表示]

 ノルウェーのOpera Softwareは2009年6月16日,パソコンや携帯電話などの機器をサーバーにする新ソフトウエア「Opera Unite」を発表した。

 Opera Uniteは,友人や同僚とのデータや情報の交換の場をインターネットのクラウド上ではなく,自身が使っているマシン上に開設するためのソフトウエア。Unite上で動作するアプリケーションは,Operaが提供するもののほか,開発者がJavaScriptを使って「一種のウィジェット」(Operaの開発者サイト)として開発できる。Opera Softwareが提供しているアプリケーションとしては,現在のところ,ファイル共有(File Sharing),音楽共有(Media Player),画像共有(Photo Sharing),掲示板(Fridge),チャット・ルーム(The Lounge)がある(写真1)。

 Opera Uniteが動作するマシンにアクセスするWebブラウザは,いったんインターネット上にOpera Softwareが用意したサーバーを介して通信する。Opera Uniteが動作するパソコンや携帯電話からも定期的にOpera Software社のサーバーと通信することで,これらのマシンがファイアウォールの内側にある場合でも,インターネットに対してサービスを提供可能である。

 Opera Uniteのアプリケーションを友人や同僚と共有する際には,友人に自分のマシンに割り当てられたURLと,アクセスのためのパスワードを送る。受け取った相手は,このURLにアクセスし,パスワードを打ち込めば,共有サービスが利用できるようになる(写真2)。

 Opera Uniteのサーバーとなるためのソフトウエアは,同社のサイトからダウンロード可能である。現在提供されているのはWindows,Mac,Linux/Unix版のみだが,将来は「携帯電話にも展開する」(Opera開発者サイト)という。

[発表資料へ]