PR
Dell EqualLogic PS4000E
Dell EqualLogic PS4000E
[画像のクリックで拡大表示]

 米Dellは米国時間2009年6月17日,ストレージ・アレイ製品「EqualLogic」シリーズおよびサーバー製品「PowerEdge」シリーズの新製品を発表した。いずれも中小企業をターゲットとした製品。

 ストレージ・アレイ製品では,「EqualLogic PS4000」を発表した。3月に発表した「PS6000」の下位製品にあたる(関連記事:Dell,新ストレージ・アレイ製品系列「EqualLogic PS6000」にSSD対応モデル)。VMware vSphere,Microsoft Hyper-V,Citrix XenServerなどの仮想化技術に対応し,仮想ストレージとしての利用が可能。既存のEqualLogicシリーズのSANとシームレスに連携でき,ニーズの変化に合わせて同シリーズの機器を増設することで簡単に拡張できる。PS4000の価格は10000ドルから。また同社は,NASの新製品「PowerVault NX3000」も併せて発表した。

 サーバー製品では,タワー型の「PowerEdge T410」「同 T710」,ラック型の「R410」を発表した。いずれもプロセサに米Intelの「Xeon 5500」シリーズを搭載する。T410はコンパクトなデザインで,小規模オフィスでの利用に向く。T710は16基のドライブを搭載可能で,大規模なストレージに対応できる。R410は小型のシャーシを採用し,スペースに制約のある環境でも利用が可能。T410とR410は既に発売しており,価格は999ドルから。T710は近日発売予定。

 また同社は,データセンターや中小企業での仮想化技術の利用を支援するための新たなソリューションの提供を開始することを発表した。サーバー,ストレージ,ネットワーク機器,仮想化製品などを組み合わせてパッケージ化し,構成済みの包括的なシステムとして提供することで,迅速に導入できるようにする。データセンターの仮想化技術のプランニングや最適化を支援するコンサルティング・サービスも開始する。

[発表資料へ]