PR

 コクヨS&Tとネクスウェイは6月22日、企業間取引用の各種帳票を一元管理しファクス/電子配信できるASP型サービス「企業間帳票流通基盤サービス」を開始すると発表した。帳票にかかわる業務を自動化するだけでなく、証跡記録の証明機能を備える帳票配信基盤システムを安価に利用できるとしている。

 企業間取引の見積もり/注文/請求といった業務で使う帳票を電子化/一元化し、ファクス/電子配信できるようにする。帳票を郵送する場合に比べ経費を大幅に減らせるうえ、処理を自動化しやすくなり、業務全体のコスト削減につながるという。帳票の送受信日時や担当者を記録することが可能で、内部統制で求められる証跡記録も実現できる。固定費を除いた料金は、ファクス配信が1枚当たり25円から、電子配信が1通当たり10円から。

 6月中に販売契約を締結し、ネクスウェイがコクヨS&Tの情報トレーサビリティサービス「@Tovas」、コクヨS&Tがネクスウェイの帳票ファクス配信サービス「FNX e-帳票FAXサービス」の提供を開始する。その後8月に両サービスを連携させ、企業間帳票流通基盤サービスとしての提供を始める予定。2010年3月末までに100社からの受注を目指す。

 コクヨS&Tは帳票配信分野で富士通とも協業し、富士通の帳票ソリューション製品「Interstage ListCreator」向けに@Tovasを提供している(関連記事)。

■関連情報
・ネクスウェイのWebサイト http://www.nexway.co.jp/
・コクヨS&TのWebサイト http://www.kokuyo-st.co.jp/