PR

 マルチメディア放送ビジネスフォーラムは2009年6月24日,第5期の第1回総会を開催した。総会では第5期で新規に立ち上げるWG(ワーキンググループ)の紹介が行われた。「V-LOW全国ハード会社WG」「ブロック3セグ放送会社運営研究WG」「デジタル新型コミュニティ放送WG」の紹介が行われた(関連記事)。

 このうちデジタル新型コミュニティ放送WGは,地方ブロック向け放送と同じVHF帯のローバンドの周波数(第1~第3チャンネル)の周波数を使い,現行のコミュニティ放送と同様の狭いエリアを対象にしたデジタル放送の実現を図ろうというものである。総務省の「携帯端末向けマルチメディア放送等のあり方に関する懇談会」(2008年に報告書)において,地方ブロック向け放送のアンダーレイという形で,周波数を共用し実用化を図るべきと提言されている。

 マルチメディア放送ビジネスフォーラムで立ち上げるWGでは,(1)福岡のユビキタス特区で先行して実証実験が進むマルチメディア放送(3セグメント放送)の技術を活用,(2)デジタル・フォトスタンド型受信機を改良し,自宅や屋外,車載のパターンで受信,(3)「観光情報配信」「コミュニティ形成(子育てや介護など)」「防災や緊急時放送」「商店街などでのデジタルサイネージ」など地域課題の解決を図ろうという方向で展開を図る。

 検討項目としては,(1)地域課題の解決モデルの策定,および実証実験,(2)フォトスタンド型「3セグかんたん受信機」の試作機配布,(3)地域ごとのコンテンツ制作支援などを挙げた。