PR

 SAS Institute Japanは2009年6月24日、同社のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールで利用する分析・予測モデルの管理を効率化するツール「Model Manager」の出荷を開始した。分析や予測に使うモデルをマウス操作で選択できる。従来はモデルの選択にコーディングの知識が必要だった。金融の与信管理や流通・通信のマーケティングなどの用途に向けて売り込む。

 Model Managerは、過去のデータと予測用の計算手法などを使って作成した複数の分析・予測モデルの中から、必要に応じて使用するモデルを選択できる。モデルの作成には「Enterprise Miner」などのデータマイニングツールが別途必要だ。

 モデルの予測精度の検証も可能。複数のモデルの予測精度をグラフ表示して比較することで、専門知識のない利用者でも適切にモデルを選択できるという。

 SAS Institute Japanの池本洋信ビジネス開発本部プラットフォームビジネス開発部長は「時間が経つとともに、作成したモデルの精度が下がっていくケースは多い。Model Managerを使って、精度の高いモデルに切り替えることができれば、精度の低下によるロスを最小限に抑えられる」と説明する。

 従来はモデルを切り換えるためにコーディングする必要があり、専門的な知識を持つ利用者や外部業者に依頼しなければならなかった。複数モデルを比較・検討するのに手間がかかるので、精度の低いモデルを使い続ける場合も多かったという。

 価格は1000万円から。年内に10本程度の販売を見込む。