PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 米Adobe Systemsと台湾のHigh Tech Computer(HTC)は米国と英国で現地時間2009年6月24日,携帯電話向けソフトウエア「Android」を搭載し,コンテンツ配信プラットフォーム「Adobe Flash Platform」に対応する携帯電話機「HTC Hero」を発表した。Android端末として初のFlash対応製品という。欧州で7月,アジアで今夏の終わりに提供を開始する。北米向けバージョンは2009年の終わりごろ利用可能とする予定。

 FlashビデオやFlash用スクリプト言語「ActionScript 2.0」に対応しており,パソコン並みのWebブラウジング環境をモバイルで実現できるとしている。3.2インチHVGA(320×480ピクセル)表示のタッチスクリーン付き画面とトラックボールを搭載する。ボディ下部に角度が付いており,通話時に手や顔とフィットしやすい。コーティングを施した画面は指紋や汚れが付きにくく,フッ素樹脂加工ボディは丈夫で手触りがよいという。

 通信方式はHSPA/WCDMA(900M/2100MHz)とGSM/GPRS/EDGE(850M/900M/1800M/1900MHz)。Bluetooth 2.0とIEEE802.11b/g(Wi-Fi)による無線通信も可能。500万画素カメラとmicroSDスロット,加速度センサー,ステレオ・イヤホン・ジャック,GPS機能,電子コンパスを備える。再生可能なメディア・ファイル形式は,オーディオがMP3/AAC/AMR-NB/WAV/MIDI/Windows Media Audio 9,ビデオがMPEG-4/H.263/H.264/Windows Media Video 9。

 プロセサは「QUALCOMM MSM7200A」(動作周波数528MHz)。サイズは高さ112×幅56.2×厚さ14.35mm,バッテリ込みの重さは135g。

 なおHTCは,Adobeが取り組んでいるFlash技術の推進活動「Open Screen Project」に参加した(関連記事:「Adobe Flash Platformを推進する」--- Adobe MAX Japan 2009が開催Adobeの新機軸,Flash/AIR/モバイルのオープン化戦略が与える恩恵とは)。

[発表資料(その1)]
[発表資料(その2)]