PR

 クレオは2009年6月25日,基幹業務ソフト「ZeeM」の新ラインアップとして,新たに人事業務の1つである人材開発を支援するソフト「ZeeM人材開発」を発表した。同日販売を開始し,2010年1月に出荷を予定する。ライセンス価格は社員2000人までの場合で500万円から。販売目標は,今年度20社,3年間で100社。

 ZeeM人材開発は,企業の人事業務のうち,人材開発にフォーカスしたソフトである。社員,管理者,人事部員などが利用する。個々の社員の目標/パフォーマンス管理や,スキルや資格など人材情報の共有/検索/活用といった,企業が人材を育成して活用していくための各種機能を提供する。申請/承認ワークフロー機能も備える。

 アーキテクチャはWebアプリケーションであり,エンドユーザーはWebブラウザから全機能を利用する。社員ごとの目標の設定/入力や照会もWeb画面でおこなう。管理する情報や画面レイアウトなどは,個々の企業の人事評価制度に合わせてカスタマイズ可能である。帳票は,ExcelまたはPDFで出力できる。

 なお,ZeeMシリーズの基幹系アプリケーションには,今回のZeeM人材開発のほかに,ZeeM会計,ZeeM購買,ZeeM人事給与,の3つの製品がある。今回のZeeM人材開発は,ZeeM人事給与と連携して,ZeeM人事給与が持つ人事給与データを活用できる。