PR
ExCella Reportsで作成したピボットグラフ
ExCella Reportsで作成したピボットグラフ
[画像のクリックで拡大表示]
ExCella Reportsの動作イメージ(ビーブレイクシステムズの資料より引用)
ExCella Reportsの動作イメージ(ビーブレイクシステムズの資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビーブレイクシステムズは2009年6月25日,JavaとExcelを連携させ,帳票やピボットグラフを作成する「ExCella Reports」,およびExcelデータをJavaのオブジェクトとして取り込む「ExCella Trans」をオープンソース・ソフトウエア(OSS)として公開した。

 ExCella Reportsは,Excelで定義したテンプレートからJavaで帳票やPDFレポート,ピボットグラフを作成するためのツール。Excelのテンプレートに定義したタグに,データやイメージを埋め込むことができる。またExcel上で定義したピボットグラフに動的に値を埋め込むことが可能。

 ExCella Transは,ExcelのデータをJavaオブジェクトまたはSQLとして取り込む,データ移行のためのツール。Excel上に埋め込んだタグに従い,データ移行を行う。

 いずれも,ビーブレイクシステムズの業務管理システム「MA-EYES」のノウハウの一部をオープンソース化したものという。

 ExCella ReportsおよびExCella TransはSourceForge.jpからダウンロードできる。LGPLで配布している。