PR
写真1●iPhone 3GSの発売記念イベント。左からソフトバンクの孫社長,上戸彩さん
写真1●iPhone 3GSの発売記念イベント。左からソフトバンクの孫社長,上戸彩さん
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●販売開始前には約200人が並んだ
写真2●販売開始前には約200人が並んだ
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●iPhone 3GSの録画機能を使って上戸彩さんを撮影する孫社長
写真3●iPhone 3GSの録画機能を使って上戸彩さんを撮影する孫社長
[画像のクリックで拡大表示]

 「予約で確実に手に入るにもかかわらず,これだけ人が集まったのはすごい」――。ソフトバンクの孫正義社長(写真1)は,2009年6月26日午前7時に東京・渋谷区の店舗「ソフトバンク表参道」で先行販売を開始した米アップルの新端末「iPhone 3GS」の発売記念イベントでこのように語った。

 同社は発売前夜に当たる6月25日の午後10時から。ソフトバンク表参道に隣接する原宿クエストホールでiPhone 3GSの発売前夜祭を開催(関連記事)。前夜祭に参加すれば表参道店で先行してiPhone 3GSを購入できることから,熱心なファンが集まった。

 午前7時の発売カウントダウン直前には,地下鉄明治神宮前駅方面まで,およそ200人程度の行列ができた(写真2)。とはいえ今回は複数店舗でiPhone 3GSの予約を受け付けていることから(関連記事),予約販売をしなかった2008年7月のiPhone 3Gの発売時のように1500人以上が並ぶ大混雑はなかった(関連記事)。

 孫社長は「(録画機能が付いたiPhone 3GSによって)ビデオを撮る頻度はこれまでの10倍以上になる」とアピール。発売イベントに駆けつけたタレントの上戸彩さんをiPhone 3GSを使って自ら撮影するなど(写真3),場を盛り上げた。

 なお孫社長は同社のCMに,人気アイドル・グループ「SMAP」を起用したことを明らかにした。