PR
写真1●マイクロソフト 代表執行役 副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏
写真1●マイクロソフト 代表執行役 副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●「Windows 7優待アップグレード」キャンペーン対象製品にはステッカーが貼付される
写真2●「Windows 7優待アップグレード」キャンペーン対象製品にはステッカーが貼付される
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2009年6月26日,次期OS「Windows 7」の販売施策に関する説明会を開催。Windows 7の日本市場におけるパッケージ製品構成と参考価格を発表した。この席で,同社代表執行役 副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏(写真1)は,「本日を皮切りにコンシューマー向けのマーケティング中核をVistaから7に切り替える」と述べ,日本国内におけるWindows 7のマーケティング活動を本格化させることを宣言した。

 国内展開するWindows 7パッケージ製品は,最上位モデルの「Ultimate」,法人ユーザー向けの「Professional」,個人ユーザー向けの「Home Premium」の3つのエディションとなる(パッケージ以外のエディションとしては,プリインストール専用の「Starter」と,ボリューム・ライセンス専用の「Enterprise」がある)。これらのパッケージ間では,上位エディションが下位エディションの機能を包含する製品構成になっている(関連記事)。例えば,Enterprriseではホーム・ネットワークやWindows Media CenterなどのHome Premiumの全機能に加え,ドメインへの参加やWindows XP互換環境を実現する「XPモード」(関連記事)などの機能を提供する。最上位のUltimateでは,ドライブを暗号化するBitLockerを含むWindows 7の全機能を備える。

 パッケージ版の価格は,Ultimateが通常版3万8800円/アップグレード版2万6800円,Professionalでは通常版3万7800円/アップグレード版2万5800円,Home Premiumは通常版2万4800円/アップグレード版1万5800円(いずれも税別の参考価格)。UltimateとProfessionalは基本的にVistaのUltimateおよびBusinessと同価格だが,Home Premiumに関しては通常版で5000円,アップグレードで4000円の値下げをしている。これは「VistaにはあったHome Basicをなくしたことから家庭向けの価格を下げた」(コンシューマー&オンラインマーケティング統括本部コンシューマーWindows本部 本部長の藤本恭史氏)。アップグレードは,Windows XPとVistaの全エディションを対象とする。ただし,Windows XPから7のアップグレードは,環境設定が保存されない新規インストールとなる。

 また,同日から個人ユーザーのWindows 7アップグレードを支援する「Windows 7優待アップグレード」キャンペーンを展開することを明らかにした。「Windows 7優待アップグレード」は,期間中にWindows Vistaパッケージを購入した人を対象に,Windows 7アップグレード版を3000円で提供するもの。キャンペーン対象製品には,パッケージに対象製品であることが明記されたステッカーが貼付されている(写真2)。また,Windows VistaがプリインストールされたPCやDSPを対象にした同様のキャンペーンも,PCメーカー各社が独自展開する。