PR
モバイルWiMAXの商用サービス開始を宣言するビックカメラの宮嶋宏幸代表取締役社長(左)とUQコミュニケーションズの田中孝司代表取締役社長
モバイルWiMAXの商用サービス開始を宣言するビックカメラの宮嶋宏幸代表取締役社長(左)とUQコミュニケーションズの田中孝司代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 UQコミュニケーションズは2009年7月1日,モバイルWiMAX技術によるデータ通信サービス「UQ WiMAX」の商用サービスを開始した(関連記事)。これに合わせて同日朝,同社のモバイルWiMAXサービスを提供するビックカメラは,有楽町店本館前で記念セレモニーを開催。ビックカメラの宮嶋宏幸代表取締役社長とUQコミュニケーションズの田中孝司代表取締役社長が壇上に立ち,サービスの開始を宣言した(写真)。

 ビックカメラの宮嶋社長は,UQ WiMAXのエリアが(携帯電話サービスと比べて)まだまだ狭いことについて苦言を呈したものの,「ライフスタイルを一新するサービスとして期待している」と語り,有楽町店や新宿西口店,大阪の難波店など計8店舗で積極的にサービスを販売していくことを説明した。

 続いて登壇したUQコミュニケーションズの田中社長は,基地局の展開について現在東京近辺の基地局数は約1000局であることを説明。東名阪を合わせるとトータルで約1500局となることを明らかにした。また,現在工事は済んでいるが開通していない局などもあるとし,引き続きエリア展開に注力すると説明した。

 なお,ビックカメラが提供するモバイルWiMAXサービス「BIC WiMAX SERVICE」は,携帯電話販売などを手がける同社の子会社ラネットがMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供。基本使用料は月額4480円の定額である。7月分の基本使用料については,加入日から日割りで最大4480円が無料になるキャンペーンを実施している。