PR

 米国メイン州の教育局は米国時間2009年6月30日,米Appleのノート・パソコン「MacBook」を,州内の高校生に1人1台支給する方針を明らかにした。同州は教育にテクノロジを導入する学習支援制度「Maine Learning Technology Initiative」の一環として,2002年より中学生を対象にAppleのノート・パソコンを供給していたが,今回その対象を高校生まで拡大する。同州は,7~12年生の公立学校の全生徒にノート・パソコンを提供する全米唯一の州となる。

 メイン州はすでに,生徒と教師用にMacBookを6万4000台発注しており,数週間以内にさらに7000台を追加注文する予定である。

 Appleはノート・パソコンのほかに,教育向けソフトウエア,修理/交換サービス,技術サポートなどを提供する。

 メイン州教育委員のSue Gendron氏は,「中学校にノート・パソコンを支給する試みは,生徒のやる気と学力を高めるなど,大きな成功を収めている。同様の機会を,州内の高校生にも提供したい」と説明した。

[発表資料へ]