PR
システムイメージ図
システムイメージ図
[画像のクリックで拡大表示]

 ホットリンクは7月2日、オプトのオンラインマーケティング支援システム「ADPLAN(アドプラン)」に対応したASP型レコメンド(推奨)エンジンを提供すると発表した。ADPLAN利用企業がWebページにタグを挿入すると、ユーザーの好みに合ったコンテンツや商品を自動的に表示できる。

 サービス名は「レコナイズfor ADPLAN」。複数タグの一元管理機能「ADPLAN OT(ワンタグ)」を使い、レコメンドエンジン「レコナイズ」用のタグとほかのASP用タグを一括して扱う。このためWebページ本体への新規タグ追加なしでレコメンドエンジンを導入できる。

 ADPLAN OTタグの挿入後は、ASP用タグの変更/差し替え時にWebページを編集する必要がない。レコメンドの表示ロジックや表示イメージ、表示位置の変更も、Webページを変えることなく行える。レコメンドエンジン運用に関する作業とコストの削減が可能という。

 レコナイズは、Webサイト利用者の購買/閲覧履歴や取扱商品の属性情報などから、さまざまな手法で適切な商品/コンテンツを自動的に提案する(関連記事)。ADPLANは、マーケティング効果測定やWebサイト内解析といった機能を提供するシステム(関連記事)。

■関連情報
・ホットリンクのWebサイト http://www.hottolink.co.jp/
・オプトのWebサイト http://www.opt.ne.jp/