PR

 丸紅は2009年7月7日、仮想化デスクトップ環境をSaaS型で提供するサービスを発表した。仮想化デスクトップ技術を使ったシンクライアントを大きな初期投資なしに利用できる。利用企業は通常のパソコンやシンクライアント端末を用意するだけですむ。仮想化デスクトップのサーバーは丸紅情報システムズのデータセンターで運用する。

 サービス名は「VirtuaTop」で7月15日から提供を開始する。仮想化ソフトにはヴイエムウェアの「VMware View」を採用。米デスクトーンのコネクション管理ソフト「Virtual-D Platform」を使って、一つのシステムをマルチテナントで利用できるようにしている。丸紅やデスクトーンはこうした仕組みを「DaaS」(デスクトップ・アズ・ア・サービス)と定義している。

 月額料金は最小契約数120台の「エコノミー」の場合で6500円から。最小契約数がより少ないプランも用意するが、そうしたプランの月額料金はエコノミーよりも高くなる。システムインテグレータを通じて提供する。初年度の販売目標は1万ユーザーの獲得である。