PR

 米Netscape Communicationsの創始者Marc Andreessen氏は米国時間2009年7月5日,ビジネス・パートナーであるBen Horowitz氏と共同で新たなベンチャー・キャピタル「Andreessen Horowitz」を設立したと自身のブログで明らかにした。技術業界の優れた投資家,製品,企業を対象に出資する。

 投資資金は3億ドルで,1社あたり5万~5000万ドルを出資する。Andreessen氏は,「技術系新興会社は起業家チームとそのビジョンがすべてだ。Andreessen Horowitzは,それら起業家がアイデアを具現化するのを支援する」と述べている。

 Andreessen氏は,Netscapeをはじめ,米Opswareの設立に携わったほか,米Time Warner傘下のAOLでCTOを務めた経歴を持つ。また,Webブラウザ「Mosaic」の開発者でもある。現在はソーシャル・ネットワーキング・サイト構築プラットフォームを手がける米Ningの会長を務め,2008年より米Facebookの社外取締役に就任している(関連記事:Facebookの取締役に,ネット業界のリーダー的存在というAndreessen氏が就任)。

 Andreessen Horowitzは,新興会社の立ち上げ段階にとどまらず,成長過程での援助も視野に入れる。設立者からの株式購入,公開株への投資,レバレッジド・バイアウト向け融資なども手がける予定。一部の例を除いて,5万ドル以上を投じた会社には,Andreessen氏とHorowitz氏は取締役として参加する。

 なお,クリーン・エネルギー,輸送機関,バイオ技術を含む生命科学,ナノテクノロジなどの業界は対象としない。

[Andreessen氏のブログ投稿記事]