PR

 米グーグルは2009年7月7日(米国時間),同社のオフィシャル・ブログ「The Official Google Blog」で「Google Chrome OS」と呼ぶパソコン用OSを開発していることを発表した。

 Google Chrome OSはLinuxの上に,新しいウィンドウ・システムとグーグルのWebブラウザ「Google Chrome」を搭載したもの。Webの登場以前に開発されたOSとは異なり,Web全盛時代に合ったOSを一からデザインし直したという。
 
 Google Chrome OSはx86とARMのCPU上で動作する。一般のパソコン用OSと異なり,数秒で起動し,セキュリティ確保のためにパッチの適用などの煩わしい作業をしなくて済むという。アプリケーションはWebサーバーからでWebアプリケーションの形で提供される。ローカルへのアプリケーションのインストールなどはできないもようだ。Google Chrome OSのソース・コードは2009年後半に配布を開始する予定。現在,パソコン・メーカーなどと搭載のパソコンを開発中で,2010年の後半にはGoogle Chrome OSが動作するネットブックが市場に投入されるという。

 グーグルは既にOSとして「Android」を持つが,それぞれでターゲットとするデバイスが違うという。Androidは携帯電話やセットトップ・ボックス,ネットブックまでの機器を対象とする。一方,Google Chrome OSは小型のネットブックから大型のパソコンまでを対象とする。また,AndroidがJavaの実行環境を持つのに対して,Chrome OSはWebアプリケーションに特化している。ただし,「重なる部分もあるが,選択肢が増えることは技術革新を生む上で良い方向に働く」という。

 ブログでは,2009年秋には新しい発表ができると締めくくっている。