PR

 米Palmは英国時間2009年7月7日,スマートフォン「Palm Pre」の欧州市場投入について発表した。スペインTelefonica傘下の英O2との独占契約のもと,英国,アイルランド,ドイツで発売する。また,スペインでの販売について,スペインMovistar(Telefonicaのブランド)と独占契約を結んだ。

 Palm Preは,6月6日に米国で発売を開始した。米国では米Sprint Nextelが独占販売している。2年間の通信サービス契約を結んだ場合,リベート後の価格は199.99ドル。発売開始直後の週末の販売台数は,Sprintのこれまでの記録を上回ったという。

 なお,O2は米Appleの携帯電話「iPhone」の英国およびアイルランドでの販売についても独占契約を結んでいる。Movistarもスペインの独占キャリアとしてiPhoneを取り扱っている。

 Palm Preは3.1インチ/320×480ピクセル表示のタッチ・スクリーン付き画面を搭載し,画面をスライドすると,QWERTYキーボードが現れる。キーボードを収納した状態のサイズは,幅59.57×長さ100.53×厚さ16.95mm。重さは135g。メッセージング機能(IM/SMS/MMS)のほか,POP3またはIMAP経由のメールも利用できる。対応ネットワークはEVDO Rev. A。IEEE802.11b/gとBluetooth 2.1にも対応している。

 ソフトウエア基盤として「Palm webOS」を採用。CSSやXHTML,JavaScriptといったWeb技術に対応しており,Webと連動するアプリケーションを利用できる。複数のアプリケーションを同時に動かすことも可能。スケジュールやアドレス帳,各種メッセージング・アプリケーションなどさまざまな情報源からデータを集め,まとめて確認できる機能「Palm Synergy」を備える。

 欧州での販売価格は未定。ホリデー・シーズンに間に合うように発売を開始するとしている。また,カナダでは2009年下半期に,カナダのBell Mobilityを通じてリリースする。

[発表資料へ]