PR
左からアクセンチュア 代表取締役副社長兼システムインテグレーション本部 統括本部長の武田安正氏,アクセンチュア システムインテグレーション&テクノロジー本部 Oracleビジネスインテグレーショングループ統括 エグゼクティブ・パートナー兼アクセンチュア オラクル・イノベーション・センター長の大薗博明氏,日本オラクル 副社長執行役員 アライアンス統括本部長の志賀徹也氏
左からアクセンチュア 代表取締役副社長兼システムインテグレーション本部 統括本部長の武田安正氏,アクセンチュア システムインテグレーション&テクノロジー本部 Oracleビジネスインテグレーショングループ統括 エグゼクティブ・パートナー兼アクセンチュア オラクル・イノベーション・センター長の大薗博明氏,日本オラクル 副社長執行役員 アライアンス統括本部長の志賀徹也氏
[画像のクリックで拡大表示]

 アクセンチュアは2009年7月8日,日本オラクルの本社内に「アクセンチュア オラクル・イノベーション・センター」を設立したと発表した。オラクルの業務アプリケーションのデモ・検証環境を構築し,製品導入に関する提案から運用までを支援する拠点とする。

 同センター設立の狙いについて,アクセンチュア システムインテグレーション&テクノロジー本部 Oracleビジネスインテグレーショングループ統括 エグゼクティブ・パートナー兼アクセンチュア オラクル・イノベーション・センター長の大薗博明氏(写真中央)は,「アクセンチュアの上流コンサルタント能力とオラクルの持つ最先端ITソリューションを融合し,両社のビジネス提案力,プロジェクトのバックアップを強化する」と話す。

 日本オラクル 副社長執行役員 アライアンス統括本部長の志賀徹也氏(写真右)は,「オラクル本社内に検証センターを置いている企業は他にもあるが,オラクル製品をビジネル面から検討する“イノベーション・センター”を設置するのは,今回が初めてだ」と述べた。

 センター設立初年度は,事業計画とサプライチェーン・オペレーションを連携するソリューション「Enterprise Sales & Operation Planningソリューション」,および国際財務報告基準(IFRS)対応ソリューションの2分野について,重点的に提案活動,導入支援活動を展開する計画だ。