PR
Google Chromeの公式ブログ
Google Chromeの公式ブログ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間2009年7月8日,前日発表したパソコン向けOS「Google Chrome OS」について,搭載デバイスの構築に向けた多数の技術系企業との連携を明らかにした。同OSは無償で提供する予定。

 サポート企業としては,台湾Acer,米Adobe Systems,台湾ASUSTeK Computer(ASUS),米Freescale,米Hewlett-Packard(HP),中国Lenovo,米Qualcomm,米Texas Instruments(TI),東芝などの名前が挙がった。

 同OSは,Webブラウザ「Google Chrome」の利用に特化したLinuxベースの軽量OS。年内にソース・コードをオープンソースとして公開する見通しで,当初はネットブックでの利用を想定する。2010年後半に消費者向け製品の市場投入を見込んでいる(関連記事:“Google OS”ついに出現,2010年後半デビュー)。

 x86とARMの両プロセッサをサポートし,Linuxカーネルをベースに新規開発のウインドウ・システムを搭載する。数秒で起動してWebにアクセスする高速性と,ユーザーがマルウエア対策やパッチ適用などに手間をかけずに済む新たなセキュリティ・アーキテクチャを目指す。

[発表資料へ]