PR
「画像検索オプション」ページで「使用権」を設定
「画像検索オプション」ページで「使用権」を設定
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間2009年7月9日,同社の画像検索サービス「Image Search」において,無償で再利用可能な画像を検索できる新機能を発表した。ユーザーは,著作権所有者の権利を侵害することなく二次利用可能な画像を容易に検索できるようになる。

 同機能を利用するには,「画像検索オプション」ページで「使用権」を指定する。「再使用が許可された画像」「営利目的での再使用が許可された画像」「改変後の再使用が許可された画像」「改変後の営利目的での再使用が許可された画像」から選択できる。

 画像検索オプションを設定することで,パブリック・ドメインのほか,著作権所有者が作品の用途に応じて著作権レベルを自由に規定できる「Creative Commons」や,オープンソース形式の文書ライセンスである「GNU Free Documentation License(GNU FDL)」に基づいた作品のみが検索対象となる。

 なお,同様の機能を提供しているWebサイトとしては,検索サービスの「Creative Commons Search」,写真共有サイトの「Flickr」,オンライン百科事典の「Wikipedia」などがある。

[発表資料へ]