PR
写真●マイクロソフト コマーシャルWindows本部の中川哲本部長
写真●マイクロソフト コマーシャルWindows本部の中川哲本部長
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2009年7月13日,次期OS「Windows 7」向けにJIS90文字セットをサポートする「MS明朝 & MSゴシックJIS90互換フォントパケージVersion 1.2b」を提供すると発表した。10月1日からダウンロード提供を開始する。併せて,Windows 7を最後に,JIS90互換フォント・パッケージの提供を終了することも明らかにした。

 Windows Vista/7は,標準フォント環境としてJIS2004(JIS X 0213:2004)文字セットを採用している。JIS2004文字セットは,Windows XP以前の標準フォント環境であるJIS90(JIS X 0208-1990)文字セットと比べると,一部の漢字の字形が異なる。「国語教材や特殊な印刷向けなど,特に字形の厳密性を必要とするアプリケーションに配慮するため」(マイクロソフト コマーシャルWindows本部の中川哲本部長,写真)に,同社はWindows Vista向けにJIS90文字セットをサポートするパッケージを,Windows XP向けにJIS2004文字セットをサポートするパッケージを提供していた。Windows 7でも,Vistaと同様のJIS90互換フォント・パッケージを提供する。

 JIS2004は基本的にJIS90と互換性があるため,「Windows 7でJIS90互換フォント・パッケージを利用しなくても,一般的なユーザーには影響がない」(中川氏)。実際,Windows Vistaにおいて,JIS90互換フォント・パッケージのダウンロード数は「予想以上に少なかった」(同氏)という。

 マイクロソフトは,Windows 7を最後にJIS90互換フォント・パッケージの提供を終了し,これ以降はJIS2004に完全移行する。「JIS2004対応に必要な移行期間は充分経過している。ただし,Vistaを使わず,XPから7へ移行するユーザーは,今回初めてJIS2004環境を体験することになるので,7までは互換フォント・パックの提供が必要と考えた」(中川氏)。