PR
写真1●Office Web applications上のPowerPoint
写真1●Office Web applications上のPowerPoint
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Office Web applications上のWord
写真2●Office Web applications上のWord
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Office Web applications上のExcel
写真3●Office Web applications上のExcel
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2009年7月14日、Web版オフィスアプリケーション「Office Web applications」とオフィススイート「Microsoft Office 2010」を国内でも提供することを発表した(米マイクロソフトの発表に関する記事)。グーグルの「Google docs」対抗と位置付けられるOffice Web applicationsについては、国内でも無償で提供する見通しである。

 Office Web applicationsの提供開始は2010年上半期。提供形態は(1)Windows Live利用者向けに無償提供、(2)有償のオンプレミス提供、(3)有償のホスティングサービスの三通りである。本番サービスより前にマイクロソフトは、Office Web applicationsの開発者向けのテクニカルプレビュー版を今秋から公開する予定だ。

 Office 2010日本語版については海外と同様、テクニカルプレビュー版を本日から公開。一般向けのパブリックベータ版は年内に、製品版は2010年上半期に提供する。テクニカルプレビュー版については、開発者向けサービス「MSDN」を通じて数週間前から告知を始めている。本日からダウンロードサイトの案内を開始した(国内のOffice 2010情報サイト)。