PR

 日本ヒューレット・パッカードは2009年7月14日、BI(ビジネスインテリジェンス)に関する新たなコンサルティングサービスを発表した。BI導入の計画立案から、導入後の活用までをサポートする。日本HPの山口太HPソフトウェア・ソリューションズ統括本部BIS事業本部事業本部長は「新サービスはBIに関連するあらゆる分野を体系化して提供する」と話した。

 主な特徴は、全社レベルで情報を共有して戦略的に活用するために必須となるマスターデータの連携や、データ品質の改善、データガバナンスに関するコンサルティングを体系化したこと。山口部長は「現在は様々な企業でBIの導入が進んだが、各事業部門や拠点ごとにBIを導入した結果として部分最適が進んでしまい、BI基盤間のデータの正確性が保証できない」と指摘した。

 今回のコンサルティングサービスは、HPが06年に買収したBI専業のITサービスベンダーであるナイツブリッジ・ソリューションズが提供していたサービス体系を基に、カバー範囲を増やしたもの。ナイツブリッジはBIの構築に関する部分しかサービスを体系化していなかったが、今回はデータ品質やパフォーマンス管理などのサービスも体系化した。