PR

 大手ケーブルTV事業の米Comcastは米国時間2009年7月14日,同社が実施するテレビ番組のオンライン視聴サービス「On Demand Online」の試験運用に米CBSが参加することを明らかにした。CBSは,この全国規模の試験運用に参加する初のネットワーク放送局となる。

 On Demand Onlineは,Comcastのケーブル・サービス加入者向けサービス。テレビ番組のコンテンツを追加料金なしでオンライン配信する。段階的なサービス展開が予定されており,テレビ番組を視聴する新しい方法として新機能やコンテンツを追加して拡充を図る。

 試験運用は,まず全米約5000人の加入者を対象に数週間以内に開始される。試験では,加入者がテレビで購読しているコンテンツをオンラインで無料で視聴できるようにするComcastの新しい認証技術に焦点が当てられる。CBSは,この期間において各種コンテンツのテストを行う。

 この試験運用について,Comcastは米Time Warnerの参加を同年6月に発表しており,共同でテレビ・コンテンツ配信を促進するフレームワークとなる「TV Everywhere」という構想を明らかにしている。

 Comcastは併せて,米BBC Americaや米Sundance Channelなど,新たに17社のケーブル・ネットワークが同試験運用に参加することを発表した。これらのネットワークのコンテンツを含め,試験運用では数百本の映画やテレビ番組のオンライン配信が可能になるという。

発表資料(1)] [発表資料(2)