PR

 米Googleは米国時間2009年7月15日,米国で提供している音声通信サービス「Google Voice」を携帯電話から利用しやすくするための専用アプリケーションを公開した。カナダResearch in Motion(RIM)の「BlackBerry」用と,同社が推進するモバイル基盤「Android」用を用意。同社サイトで無償ダウンロード提供している。利用にはGoogle Voiceアカウントが必要。

 Google Voiceには,単一の番号にかかってきた電話を自宅,職場,携帯のいずれの電話機でも受けられる機能があるが,その番号を発信元として電話をかけるのは手間がかかった。今回リリースしたアプリケーションはその不便を解消する。その番号を発信元とする通話やSMS(ショート・メッセージ・サービス)の送受信を,携帯電話から直接行えるようにした。通信相手は携帯のアドレス帳からも指定できる。低料金の国際電話サービスの利用も可能。

 また,ボイスメールの再生機能も備える。ボイスメールの内容を自動変換したテキストを目で追いながら再生することもできる。

 Android版は,同社の携帯アプリ配信サイト「Android Market」でも公開した。米メディア(CNET News.comNew York Times)の報道によると,同社はiPhone版の提供に向けた準備も進めているという。

 Google Voiceは,同社が2007年7月に買収した米GrandCentralのサービスをベースにしたもの(関連記事:Google,電話管理サービスのGrandCentralを買収)。当初は,従来のGrandCentralユーザー限定のサービスだったが,2009年6月からは米国の一般ユーザーも招待制で利用できるようになった(関連記事:Google,音声通信管理サービス「Google Voice」の提供拡大)。

[Google公式ブログの投稿記事]
[Google Voice公式ブログの投稿記事]