PR
米レッドハットのミドルウエアテクノロジ部門バイスプレジデント、ロブ・カードウェル氏
米レッドハットのミドルウエアテクノロジ部門バイスプレジデント、ロブ・カードウェル氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「米オラクルによるサンの買収が完了すれば、顧客企業はまた戸惑うはずだ。データベースやハードウエアから独立したミドルウエアを望む顧客にとって、オープンソースであるJBossは最適な選択肢となり得るだろう」。米レッドハットでJBossなどのミドルウエアテクノロジ部門のバイスプレジデントを務めるロブ・カードウェル氏は7月16日、来日会見でこう話した。

 カードウェル氏は、「買収そのものはまだ完了しておらず、慎重に見守っている」と前置きしながら、「米オラクルが旧BEAシステムズを買収したときと同様に市場は混乱するだろう。BEAシステムズのとき、我々は、旧BEAシステムズの顧客に営業攻勢をしかけ、多くの顧客をリプレースすることに成功した。今回も同様の戦略を取るつもりだ」と明言した。

 JBossは、オープンソースソフトウエアのWebアプリケーションサーバー。2006年に米レッドハットが買収した。2009年9月には、アーキテクチャを一新した新版「JBoss Enterprise Application Platform 5.0」を出荷する予定である。