PR
早稲田大学大学院情報生産システム研究科客員教授の丸山不二夫氏
早稲田大学大学院情報生産システム研究科客員教授の丸山不二夫氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2009年7月16日に都内で開催した「エンタープライズ・クラウドフォーラム」で、早稲田大学大学院情報生産システム研究科客員教授の丸山不二夫氏が「クラウドの現在と未来」と題して講演した。クラウドコンピューティングはまだ始まったばかりのサービスであり、ユーザー企業はこれを有効活用するために、明確な目的を見出す必要があると訴えた。

 所有から利用へ──。クラウドが本格的に普及し始めれば、ユーザー企業のIT資産に対する考え方はこのように変わると丸山氏は見る。

 現段階で、クラウドはまだ始まったばかり。一方、アマゾン、グーグル、セールスフォース、マイクロソフトがクラウドの主要4社であることは有名だ。「クラウドという名前は以前からあったが、使えるサービスは最近になって出てきた」(丸山氏)との見方を示した。

 クラウドがユーザー企業の積極的な利用を促すか否かはまだ分からない。しかし、丸山氏は「当時のIT業界で主流のメインフレーマーは、マイクロソフトの存在を脅威と感じていなかった。今のクラウド主要4社は、当時のメインフレーマーから見たマイクロソフトのような存在」と語る。マイクロソフトがメインフレーマーからIT業界における覇権を奪ったことと照らし合わせ、次の世代を担うIT業界の覇者はクラウド企業であると暗に指摘した。

 これからは、クラウドを利用するか否かの選択ではなく、「来夏には、“どう利用するか”というフェーズにくる」(丸山氏)。ユーザー企業にとって、クラウドが当たり前になっている未来を見据える。

 その上で重要なことは、ユーザー企業の視点で見ると、クラウドを導入することでどういうビジネス的なメリットを見出せるかということ。「クラウドは技術の問題ではなくビジネスの問題」(同)と考えるためだ。つまり、全社的にクラウドを使うメリットを明確に見出せないと、導入に向けた本格的な議論が進まないというのだ。

 さらに重要なことは、クラウドの活用に向けて「社内システムが用意できていない」(同)ことである。社内システムの統合が本質的に進まなければ、クラウド活用の前提となる「どう社内システムの無駄をなくし、コスト削減できるのか」(同)という議論さえできない。

 もう1つ重要な視点としてあるのは、「システムインテグレータなどがクラウド活用に積極的ではないので、システム構築をシステムインテグレータに丸投げすべきではない」(同)ということ。クラウド活用によりコスト削減が進むのであれば、システムインテグレータの収益も減少する。クラウドにおいては、ユーザー企業とインテグレータが対立構造にあることを意識して、「自分たちのビジネスを一番知っているのは自分たちである」と再認識した上で、ユーザー企業が自らクラウド活用の方向性を模索すべきだとした。

「グーグル vs. マイクロソフト」の死闘?

 また、クラウドのビッグプレイヤーであるグーグルとマイクロソフトについて、丸山氏はこう語った。両社は熾烈な争いを繰り広げているとの見方が多いが、「グーグルは95%以上をネット広告に依存している。その地位を守ることが最重要の経営課題であり、ブラウザを軸にビジネス展開している。Google Appsは企業のブラウザに切り込もうとするもので、Chrome OSもブラウザを軸としている」と解説。また、「マイクロソフトは既存のソフトウエアの資産を維持したまま、本気でクラウドをやろうとしている。そのために巨額な投資をして、Windows Azureを展開しようとしている」(同)とした。

 つまり、グーグルはウエブで、マイクロソフトはクラウドでそれぞれ勝負をしようとしているわけで、「両社は刺し違えるような対決をしているわけではない。それぞれの強いところを守りながら、弱いところを攻める戦略を描いている」(同)と指摘した。

 一方、携帯電話端末はアップル製のスマートフォンである「アイフォーン」やグーグルの携帯端末向け基本ソフト「アンドロイド」を搭載したスマートフォンの人気を背景に、携帯端末でのインターネット閲覧需要が「爆発的に広がり、利用者が急拡大する」(同)。携帯電話の利用者が潜在的なネット閲覧者である今後の可能性に着目し、ここでのクラウド関連ビジネスの広がりに期待を示した。