PR

 楽天の研究部門である楽天技術研究所は2009年7月16日,楽天研究開発シンポジウム2009 発表論文の募集を開始した。「インターネットサービスの未来を開くテクノロジー」をテーマにした論文を若手研究者から募る。

 楽天研究開発シンポジウム2009は,2009年11月14日に同社が開催する研究発表会議。「インターネットサービスの未来を開くテクノロジー」をテーマに論文発表とディスカッションを行う。

 論文の募集分野は,インターネットサービス,情報検索/データマイニング,マルチメディア/ユーザインタフェース,大規模・分散基盤技術/仮想化など,インターネット応用技術に関するテーマ全般。学術的な新規性や有用性といった通常の観点に加え,ビジネス的側面からの有用性,実現可能性といった観点も積極的に評価するという。

 審査委員は以下のとおり。

阿部洋丈氏(豊橋技術科学大学 工学部 助教)
井庭崇氏(慶應義塾大学 総合政策学部 専任講師)
尾内理紀夫氏(電気通信大学 電気通信学部 教授)
角谷和俊氏(兵庫県立大学 環境人間学部環境人間学科 教授)
関根聡氏(ニューヨーク大学 CS学科 研究准教授)
武田圭史氏(慶應義塾大学 環境情報学部 教授)
田中克己氏(京都大学 大学院情報学研究科 教授)
田中二郎氏(筑波大学 大学院システム情報工学研究科 教授)
千葉滋氏(東京工業大学 大学院情報理工学研究科 教授)
増原英彦氏(東京大学 大学院総合文化研究科 准教授)
山名早人氏(早稲田大学 理工学術院 教授)
米澤明憲氏(東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授)
森正弥氏(楽天技術研究所)
まつもとゆきひろ氏(楽天技術研究所)
平野廣美氏(楽天技術研究所)

 論文投稿締切は2009年9月15日。詳細は楽天研究開発シンポジウム2009のページに掲載している。

 楽天では「2009年度のACM国際大学対抗プログラミングコンテスト東京大会を協賛するなど,産学連携の取り組みを強化しており,今後もさらに様々な施策を実行していく」としている。