PR
写真●米ジュニパーネットワークス 上級副社長 兼 データセンター・ビジネスグループ統括マネージャーのデビッド・イェン氏
写真●米ジュニパーネットワークス 上級副社長 兼 データセンター・ビジネスグループ統括マネージャーのデビッド・イェン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ジュニパーネットワークスは2009年7月23日,同社のイーサネット・スイッチ「EXシリーズ」およびイーサネット・サービス・ルーター「MXシリーズ」を,IBMにOEM提供すると発表した。IBMのデータセンター関連製品ラインとして,新ブランドで展開する。

 今回締結したIBMとのOEM契約について,米ジュニパーネットワークス 上級副社長 兼 データセンター・ビジネスグループ統括マネージャーのデビッド・イェン氏(写真)は,「2社の協力関係強化により,次世代データセンターへの移行を考える顧客に対して,信頼性,拡張性,簡素化の面で大きな価値をもたらす」と述べた。また,「ジュニパーネットワークスにとっては,IBMと長期的な関係をもつことで,IBMの厚い顧客基盤にアプローチできるチャンスである」(イェン氏)。

 ジュニパーネットワークスとIBMは,2007年にルーター,スイッチ,セキュリティ製品をIBMの製品ラインとして販売する再販売業者契約を締結している。今回の提携拡大により,この再販売業者契約も継続されることになる。