PR

 ケーブルテレビ(CATV)統括運営会社のジャパンケーブルネット(JCN)は2009年7月28日,JCN傘下である16社のCATV事業者のデジタル放送サービスを順次強化すると発表した。デジタル放送サービスの基本コースの「デジマックス」と「デジエース」において,「フジテレビONE」「フジテレビTWO」「TBSチャンネル」の3チャンネルをハイビジョン(HD)化する。これにより,ハイビジョン・チャンネルの数は合計10チャンネルとなる。

 さらにデジタル放送サービスの「デジマックス」コースに「歌謡ポップスチャンネル」を追加する。このほかにオプションチャンネルを8チャンネル追加する。加入者は,「アニメシアターX(AT-X)」や「クラシカ・ジャパン」,「タカラヅカ・スカイ・ステージ」,「Mnet」などを視聴できるようになる。

[発表資料へ]