PR

 米Time WarnerのAOLは米国時間2009年7月29日,同社傘下の英Beboのグローバル事業担当責任者に,Stephane Panier氏を任命したことを発表した。同氏は,AOL Ventures事業の執行副社長Jon Brod氏の直属となり,ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「Bebo」のグローバルな事業拡大を指揮する。

 Beboは,AOLが2008年3月に,ソーシャル・メディア分野での地歩拡大を図って買収した(関連記事:AOL,英国の大手SNS「Bebo」を8億5000万ドルで買収へ)。Panier氏は,2009年1月にBeboに入社し,COOと副社長を務めた。それ以前は,米Googleで6年間,財務や運営などの管理職に就いていたほか,コンサルティング大手の米Booz & Companyで,エネルギやハイテク分野の経営コンサルティングに従事した経歴を持つ。

 Beboは現在,米国,英国,アイルランド,オーストラリア,ニュージーランド,カナダ,ポーランド,フランス,ドイツ,イタリア,スペイン,インド,オランダの13カ国でサービスを提供している。

 米メディア(CNET News.com)によると,Beboでは,AOLによる買収時にBeboのCEOだったJoanna Shields氏が5月にAOLを去るなど,上級幹部の退社が相次いでいる。

[発表資料へ]