PR
「JPTao.com」のトップページ
「JPTao.com」のトップページ
[画像のクリックで拡大表示]

 ウェブアークとアドウェイズは7月30日、中国におけるEC/広告事業で販売提携を結んだと発表した。出店企業の募集やアフィリエイト広告販売などで協力するなど、顧客を相互紹介していく。

 アドウェイズは、ウェブアークの中国向けECサイト「JPTao.com」に出店する企業を国内で募集する。各店舗への集客にはアドウェイズの中国向けアフィリエイトサービス「CHANet(チャネット)」を利用し、ウェブアークが広告代理業務を担当する。

 JPTao.comは、ウェブアークが中国市場進出の足がかりとして日本企業向けに運営しているECサイト。2009年7月7日に開設した。国内ECサイトと同様の手続きで出店/出品が可能で、ウェブアークの中国支社から日本語サービスを受けられる。料金は、月額費用が3万1500円、販売手数料が月間売上高の3%、決済手数料が月間決済金額の4%。

 CHANetは、アドウェイズの中国子会社である愛徳威広告(上海)が運営しているサービス。中国の提携サイトにアフィリエイト広告を掲載し、成果報酬を支払う。広告主は670社、提携サイト数は約14万ある(関連記事)。

■関連情報
・ウェブアークのWebサイト http://www.webark.co.jp/
・アドウェイズのWebサイト http://www.adways.net/