PR
SonicWALL TotalSecure TZ200
SonicWALL TotalSecure TZ200
[画像のクリックで拡大表示]

 米SonicWALLの日本オフィスは2009年7月31日,SOHOや遠隔拠点など従業員50人程度までの中小規模を想定したセキュリティ・ルーター機器「SonicWALL TotalSecure TZ200」を発表した。価格は,ユーザー数無制限で14万9000円(税別)であり,従業員10人を超える利用形態では,同社製品の中で最もエントリ(最安価)に位置する。8月上旬から販売代理店を通じて出荷する。

 TZ200は,UTM(統合脅威管理)アプライアンス。複数のセキュリティ機能を1台でまかなえる。アクセス制御(ファイアウォール)機能を備えたセキュリティ・ルーター機能(エッジ用途可)とVPN機能(IPsec/L2TP)を中核に,ウイルス対策機能やコンテンツ・フォルタリング機能といった各種のセキュリティ機能を一括して提供。SSL-VPN機能(Windows上で動作する専用のSSL-VPNクライアント・ソフトを用意)も備える。

 ウイルス対策などのセキュリティ機能は,パケット解析により実現。IPパケットをコンテンツに再構築することなく利用できる。本体の動作モードは,ルーター(スタティック/RIP/OSPF)としての動作モードに加え,レイヤー2でのインライン・ブリッジとして動作するモードも搭載。ルーターとして動作する時も,Webアクセス(HTTP)やメール(SMTP/POP3)など各種のTCPアプリケーションからは,トランスペアレント(アクセス透過型)で利用する。

 国内販売代理店は4社で,NTTアドバンステクノロジ,キヤノンITソリューションズ,ソフトバンクBB,丸紅情報システムズ。

 主な仕様は以下の通り。搭載する物理ネットワーク・ポートは100BASE-TX×5で,インタフェースは2~5基。LAN用とWAN用のインタフェースとして固定された2基を除いた3つの物理ポートは,設定によって,複数の用途で利用できる。それぞれ独立したネットワーク・インタフェースとして使えるほか,LAN側ポートと同一セグメントのスイッチとして使うことや,UTM機器をHA(高可用性)構成で使う際の接続ポートとして使うことができる。別途,携帯電話データ通信用のUSBポートを搭載する(現行ファームウエアでは未対応)。

 形状は手のひら大であり,外形寸法は実寸で約16×14×3.5cm。消費電力は8.6W。ファンレス仕様で,ACアダプタ経由で電源を供給する。性能は以下の通り。UTMフル機能時のスループットは35Mビット/秒。ファイアウォール・スループットは100Mビット/秒。VPNスループットは75Mビット/秒。最大コネクション数は8000。