PR
Sony Pictures Imageworksのオープンソース開発者向けWebサイト
Sony Pictures Imageworksのオープンソース開発者向けWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Sony Pictures Imageworksは米国時間2009年7月30日,オープンソースの開発プログラムと開発者向けWebサイトの開設を発表した。このプログラムを通じて,まず5つのプロジェクトに着手する。

 Imageworksは,米Sony Pictures Digital Productionsの事業部門として写実的な視覚効果やCGアニメーション技術などを手がけており,Linuxをはじめとする各種オープンソース・ソリューションを取り入れている。これらのプロジェクトを通じてソフトウエアをオープンソース化することで,より大きなコミュニティによるコードの改良と採用の促進を図る。

 最初に取り組むプロジェクトは,レンダリング用のシェーディング言語「Open Shading Language(OSL)」,ボクセル・データのストレージ・ライブラリ「Field3d」,カメラ・マスキング用のMayaプラグイン「Maya Reticule」,データベース移行ツール「Scala Migration」,C++言語でPythonのように文字列を操作する「Pystring」の5つである。

発表資料へ