PR
[画像のクリックで拡大表示]

 Twitterから読んだ本を記録できるWebサービス「読んだ4!」が2009年7月31日,正式リリースされた。Twitterユーザーであればユーザー登録は不要で,Twitterに「@yonda4 断る力」などと投稿するだけで読書記録を作成できる。

 「読んだ4!」を利用するには,アカウント「yonda4」に向けた投稿として書名を書き込む。yonda4が著者名や表紙画像などを検索して読書履歴ページを作成する。「@yonda4 断る力 面白かった」のように,感想を付け加えることも可能。

 自分の読書記録は「http://yonda4.com/user/[自分のTwitterアカウント名]」のアドレスで閲覧できる。例えばアカウント名が「akky」であれば「http://yonda4.com/user/akky」に読書記録が表示される。

 読書記録ページにはAmazonの該当書籍ページへのリンクが作成される。ユーザーがAmazonのアフィリエイトIDを持っていればTwitterに「@yonda4 アフィ [アフィリエイトID]」と投稿するだけでアフィリエイトが設定される。

 ユーザーの読書記録は公開されるため,同じ本を読んだユーザーを見つけるといった使い方もできる。

 「yonda4」は7月13日から公開ベータテストを行なっており,これまでに約2000件の読書記録が投稿されている。APIも公開しており,ユーザーによりブログパーツやブックマークレットなども開発されている。

◎関連リンク
読んだ4!