PR

 米Googleの音声通信管理サービス「Google Voice」のiPhone向けアプリケーションを,米Appleがアプリケーション配信サービス「App Store」から排除したとされる問題について,米連邦通信委員会(FCC)が調査を開始した。FCCはGoogleとApple,そしてiPhoneの米国内独占キャリアである米AT&Tに2009年7月31日付けで質問状を送った。

 Appleは,Google Voiceおよびこれに関連するサード・パーティ製アプリケーションについて,App Storeで配信するアプリケーションとして承認することを拒否したと報じられている(関連記事1関連記事2)。今回拒否されたサード・パーティ製アプリケーションには,過去に承認されたものもあるという。

 FCCは,現在保留中の,無線のオープンなアクセスと携帯電話を巡る独占契約に関する調査(関連記事:FCC,携帯電話メーカーとキャリアの独占的販売契約を調査へ)との関連も考慮し,より詳しい状況を把握したいとして,2009年8月21日までの回答を3社に要請した。

 Appleに対する書簡でFCCは,Google Voiceおよび関連アプリケーションを拒否した理由や,拒否したアプリケーションの名称とベンダーのほか,拒否を決定するにあたってAT&Tと相談したか,といった点を尋ねている。AT&Tに対しては,今回のAppleの判断に関わったか,また普段からiPhone向けアプリケーションの承認に関わっているか,Appleから相談を受けたか,といった点を明らかにするよう求めた。

 Googleに対しては,iPhone向けGoogle Voiceの主要機能などの詳細な説明のほか,Appleから拒否の連絡を受けたか,受けたのであればどのような説明だったか,これまでApp Storeで承認を受けたアプリケーションがあるか,などを尋ねた。また,同社が推進するAndroidプラットフォーム向けのアプリケーション承認の基準についても説明を求めた。

 Google Voiceは,自宅,職場,携帯電話にかかってきた通話を単一の番号で管理できるサービス。携帯電話での使い勝手を向上し,低料金の国際電話サービスも利用できるモバイル向けアプリケーションを,AndroidとカナダResearch in Motion(RIM)のBlackBerry向けにすでに提供している(関連記事:Google,音声通信サービス「Google Voice」を使いやすくする携帯アプリを公開 )。

[FCCからAppleへの書簡]
[FCCからAT&Tへの書簡]
[FCCからGoogleへの書簡]