PR

 日本オラクルは2009年8月4日、データ処理をメモリー上で実行するオンメモリーデータベース(DB)の新版を発表した。新版の特徴は、サーバー追加によるスケールアウトが可能になったこと。日本オラクルの三澤智光 常務執行役員は「安価なサーバーを追加するだけで、使用するメモリー空間を拡張できる。従来はパフォーマンスを求めようとすると、大容量のメモリーを載せた高価なサーバーが必要だった」と話した。

 今回発表したのは、「TimesTen In Memory Database 11g」と「In-Memory Database Cache 11g」の二つ。両製品とも基本的な機能は同じだが、システム構成に応じて使い分ける。TimesTenはスタンドアローンや他社製DBと併用する場合に利用する。これに対し、In-Memory Database Cacheは、オラクル製DBと併用する際に使う。

 2製品はいずれも、オラクル製DBのSQL規格であるPL/SQLと、SQL埋め込み言語Pro*Cなどに対応した。PL/SQLのサポートについて三澤常務は「これまでのバージョンでも段階的に対応を進めていたが、完全互換は今回が初めて。オラクルのDBで動くアプリケーションを仕様変更せずに、TimesTenやIn-Memory Database Cacheで利用できる」と言う。

 製品のライセンス価格は2製品ともプロセサ当たり451万900円。初年度のサポート料金は99万2398円。出荷開始時期は8月7日である。

 オラクルは、スケールアウトによりメモリー空間を拡大できることが特徴の分散メモリーソフト「Coherence」も開発・販売している。Coherenceと今回発表した製品の違いは、利用するデータ形式である。Coherenceがデータをオブジェクト形式で持つのに対し、TimesTen、In-Memory Database Cacheは表形式で持つ。三澤常務は「日本では多くの企業が表形式でデータを扱っているため、TimesTenやIn-Memory Database CacheのほうがCoherenceより導入のハードルが低いかもしれない」と述べる。