PR
写真●シマンテック マーケティング部 リージョナルプロダクトマーケティングマネージャの広瀬努氏
写真●シマンテック マーケティング部 リージョナルプロダクトマーケティングマネージャの広瀬努氏
[画像のクリックで拡大表示]

 シマンテックは2009年8月4日,中小企業向けのエンドポイント・セキュリティ製品を発表した。専任のIT管理者がいない従業員100人以下の企業での利用を想定し,「IT管理者による一元管理機能を省き,価格を抑えた」(シマンテック マーケティング部 リージョナルプロダクトマーケティングマネージャの広瀬努氏,写真)。

 今回発表したのは,ウイルス/スパイウエア対策機能やファイア・ウォールを備えるエンドポイント・セキュリティ・ソフト「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition」と,そのスイート製品「Symantec Protection Suite Small Business Edition」。

 スイート製品は,エンドポイント・セキュリティ製品「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition」「Symantec AntiVirus for Macintosh」,バックアップ/リカバリ製品「Symantec Backup Exec System Recovery Desktop Edition」と,スパム対策機能などを提供するメール・セキュリティ製品「Symantec Mail Security for Microsoft Exchange」をセットにした。専任のIT管理者がいない環境を想定して,「従業員が各自のパソコンを保護するためのセキュリティ対策と,万が一問題が発生した場合に自力でデータを修復できるバックアップ/リカバリをオールインワンにした」(広瀬氏)。

 また,「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition」は,既存の中堅・大規模企業向けのエンドポイント・セキュリティ製品「Symantec Endpoint Protection Enterprise Edition」を中小企業向けに機能変更したもの。IT管理者の一元管理機能を省き,セットアップ時の選択項目を減らしたほか,専門知識がなくても各種設定が行えるように設定ウィザードを追加した。

 価格は「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition」単体が5100円から,スイート版は1万3800円(ともに5~24ライセンス,1年間の保守を含む,税別)からである。他社の同等製品から乗り換える場合は,それぞれ3300円,6900円の特別価格で提供する。

■修正履歴
「Symantec Protection Suite Small Business Edition」の価格に誤りがありました。正しくは通常価格が「1万3800円」,他社の同等製品から乗り換える場合の特別価格が「6900円」(5~24ライセンス,1年間の保守を含む,税別)です。お詫びして修正いたします。本文は修正済みです。[2009/08/07 15:30]