PR
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンソース団体KDE Projectは米国時間2009年8月4日,Linux/UNIX用デスクトップ環境の新版「K Desktop Environment(KDE)4.3.0」を公開した。Webサイトでソースコードと各種バイナリを無償ダウンロード提供している。さまざまなLinux/UNIXシステムでの同こんも始まったという。

 新版はデスクトップ・インタフェース「Plasma」とウィンドウ・マネージャ「KWin」の連携を強化した。Plasmaは,初期設定テーマを従来の「Oxygen」より軽量な新テーマ「Air」に変え,パフォーマンスの向上と使用メモリー量の削減,アニメーションの高速化を実現したという。ファイル・マネージャ「Dolphin」は,ファイルの内容を小さな画面でプレビューしたり,ビデオのサムネールを表示したりできるようにした。Dolphinのメニューから「ごみ箱」の設定を行えるようにした。同こんアプリケーションとアプリケーション開発フレームワークにも改良を施している。

 旧版「KDE 4.2.0」を2009年1月にリリースしてから6カ月間で,2000項目弱の機能追加を行った(関連記事:KDE Project,Linux/UNIX用デスクトップ環境の新版「KDE 4.2.0」を公開)。修正したバグは1万個以上あり,700人弱の開発者が6万3000件弱の変更を加えたという。

 今後KDE Projectは,1カ月に1回のペースでバグ修正/翻訳更新を実施していく。機能強化を行う次版「KDE 4.4.0」は2010年1月にリリースする予定。

 なお,KDE 4.3.0の開発コード名は「Caizen」で,日本語の「改善」にちなんで名付けたという。

[発表資料(その1)]
[発表資料(その2)]