PR

 ノベルと日本IBMは2009年8月6日,Solarisサーバーを使用しているユーザーに対して,Linuxサーバーの移行サービスを共同で提供し,またサービスやサポートの価格を割り引くと発表した。

 日本IBMは,移行によるコスト削減効果や費用の見積もりを無料で行う。3年間の対象サーバー保守料金を通常価格の50%とする。リースの支払い開始を6カ月遅らせるほか,初年度の支払い額を総額の10%にする。またSolarisサーバーを簿価で引き取ることを検討するとしている。

 ノベルは有償コンサルティングおよび有償サービスを最大30%割り引きした価格で行うという。またSUSE Linux Enterprise Server 10以降のバージョンに対し,出荷開始から10年間の保守サービス,特定のサービス・パックに対する最長5年間の延長保守,緊急修正を提供する。

 日本IBMは2009年7月,レッドハットとも共同でSolarisからLinuxへの移行に際しての割引サービス提供を発表している(関連記事:レッドハットと日本IBMがSolarisからLinuxへの移行促進,サービスや金利を割引)。