PR

 ヤッパは2009年8月17日,米GoogleとOpen Handset Allianceが共同開発したモバイル機器向けのプラットフォーム「Android」向けに電子書籍ビューワーを開発したと発表した。また,今回発表した電子書籍ビューワーを使い,同日からAndroidマーケットで手塚プロダクション(手塚プロ)の「週刊:手塚治虫マガジン」の配信を開始した。

 ヤッパが開発したAndroid端末向けの電子書籍ビューワーは,7月にNTTドコモが発売したAndroid搭載端末「docomo PRO series HT-03A」のタッチパネルやトラックボールの機能を最大限に活用したインタフェースを搭載しており,トラックボールを回して画面スクロールしたり,画面をタッチして拡大/縮小表示したりできるなど,直感的に操作可能だという。

 Android 端末向け電子書籍ビューワーは,ヤッパと手塚プロが2009年4月からiPhone/iPod touchやWindows Mobile向けに提供している「週刊:手塚治虫マガジン」の紙面データをそのまま利用可能で,「ワンソース・マルチプラットフォーム」を実現している。今後はほかのモバイル機器向けのサービスと同じタイミングで,コンテンツをAndroid端末向けにも提供する。

[発表資料へ]