PR

 NECは2009年8月19日、ERP(統合基幹業務システム)パッケージ「EXPLANNER」の機能をSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)として提供すると発表した。「EXPLANNER for SaaS」との名称で、生産管理と販売管理で導入効果に応じた報酬体系を用意したことが特徴だ。9月から販売し、12月からサービスを提供する。

 EXPLANNER for SaaSは、サーバー導入型で販売している同社のERPパッケージ「EXPLANNER/Ai」や、製造業向けのパッケージの「EXPLANNER/J」をベースにしたサービス。会計、人事・給与、販売管理、生産管理といった機能をSaaSとして提供する。

 NECはEXPLANNER for SaaSを利用する顧客に対して、導入コンサルティングサービス「BST業務モデリングサービス」も提供する。同サービスを利用して生産管理や販売管理の機能を利用した場合、年度ごとの導入効果に応じた成果報酬型を採用する。具体的にはBST業務モデリングサービスの中で、目標とする「在庫回転率」や「在庫金額」といった測定可能な数値を設定し、年度ごとに達成度を測定して翌年のサービス利用料金に反映する仕組みだ。

 価格は成果報酬型を採用しない会計、人事給与の場合、月額18万円(5ユーザー)からを想定している。BST業務モデリングサービスは200万円から。NECはEXPLANNER for SaaSとBST業務モデリングサービスの両者を利用した場合、従来のサーバー導入型のシステム構築と比較して、システムの導入、運用にかかる費用が5年間で最大半額に低減できるとしている。